オレンジ色のオイルランプ エブリィー(DA17V)、ミニキャブ(DS 17V)共通

軽貨物車

オレンジ色のオイルランプが点灯したとき、どんな故障が考えられるでしょう。

オレンジ色のオイルランプが点灯する理由

オレンジ色のオイルランプは、オイル交換の時期を教えてくれるためです。

エンジンオイル交換インジケーターと呼ばれるランプです。

前回リセットしたタイミングから何キロまたは、何日かしたらオイルランプが点灯します。

オイル交換インジケーターをリセット方法

オイル交換インジケーターのリセット方法は、

総走行距離が出る画面で、ボタンを長押しします。

2〜3秒間長押しすると

「ocl」と表示されます。

「ocl」の画面でまたボタンを長押しすると

「rESEe」というような表示になります。

そこでまたボタンを長押しすると、

オレンジ色のオイルランプが消えます。

まとめ

オレンジ色のランプなので交換時期をお知らせしてくれる合図です。

ミニキャブで点灯を経験しました。初めての見た時はオイルの残量が足りないのかと思ってヒヤヒヤしてしまいました。

オイル交換インジケーターは設定でカスタマイズできるようです。

キーレスの反応が良くない時は、電池の交換をおすすめします。

キーレス電池交換の仕方

 

タイトルとURLをコピーしました